安全に暮らせる住宅地|自由にスペースが使える一戸建てで趣味を楽しもう

自由にスペースが使える一戸建てで趣味を楽しもう

安全に暮らせる住宅地

外観

交通の拠点

近畿地方には、3つの政令指定都市があるのですが、茨木はそれらの中心部分にあることから注目されている地域です。具体的には、大阪と京都と神戸のそれぞれに、比較的スムーズにアクセスできるのです。特に大阪へは、直通の路線があるので10分程度でアクセスできますし、京都へも直通で20〜30分で行くことができます。このように近畿地方での交通の拠点となっている上に、茨木は古くから住宅地としても栄えています。縄文時代の住居跡が多く残っていますし、現在でも一戸建ての数は府内でも指折りとなっているのです。それでいて地価は、府内の平均価格よりもやや安いので、その点でも一戸建ての建築に適していると言えます。具体的には府内の平均地価は1平米あたり約25万円なのですが、茨木では1平米を20万円弱で購入できるのです。

地震や津波のリスク

また茨木は、近畿地方の中では比較的地震による被害が発生しにくい地域とされています。地盤が頑丈なので、周辺地域よりも震度が低めとなる可能性が高く、なおかつ液状化も起こりにくいのです。また標高はやや高めで、津波被害も起こりにくいと言えます。せっかく一戸建てを購入したとしても、地震や津波で失われるリスクが高いと、安心して暮らすことはできません。そのため安全に暮らせる可能性の高い茨木では、一戸建ての数が多めとなっているのです。また、海外の様々な都市との交流が活発となっている点も、茨木の特徴のひとつです。それを目的としたニュータウンの建設も進められているので、そのことからも一戸建ての数は一層増えていくと考えられています。